牛革の種類と特徴について

MENU

革製品に最も使われている牛革の種類と特徴について

牛革の種類と特徴について解説します!

 

牛革は、財布に限らず鞄や小銭入れなど、革製品に最も使用されている皮革の一つです。

 

また牛革は、首からお尻にかけて殆んど余すことなく使われる皮革であり、あまり知られていませんが食肉用として使われた牛の皮を使っているので、供給量・価格共に安定しています。

 

「供給量・価格の安定」この2つの理由が、牛革が革製品に最も使われている理由の一つですね。ただ、一言で「牛革」と言っても、性別・年齢などによって牛革も種類があり、特徴が異なります。

 

今回は、牛革の種類と特徴について解説していきます!

 

 

 

牛革の種類と特徴って?

 

牛革の種類は以下に分けることができます。

 

  • カーフ
  • キップ
  • カウハイド
  • ブルハイド

 

それでは、一つひとつ解説していきます。

 

 

カーフ

 

カーフは生後半年以内の仔牛の皮を使用しているのがカーフレザーです。

 

生後間もない仔牛の皮を使っているので、革のキメが細かく滑らかで上質な手触りを誇ります。 また、成牛に比べてキズが少ないのも特徴ですね。

 

一頭から採れる革の量自体が少ないので、希少価値が高く高値で取引されています。 天然皮革の中でも最高級ランクと言っても良いと思います。

 

 

キップ

 

生後6カ月~2年以内の牛の皮を使用したモノをキップレザーと言います。(キップスキン、キップハイドと呼ばれることも)

 

革のキメの細かさや柔らかさではカーフに劣りますが、その分肉厚で強度と耐久性のある革になっています。ブランドによりますが、鞄や財布の内側に使われることがあります。

 

 

 

カウハイド

 

出産経験のある生後2年以上の牝牛の皮を使用したモノをカウハイドと言います。

 

キップレザーよりもキメの細かさ滑らかさでは劣りますが、肉厚で耐久性に優れた革の特徴を活かし、鞄や靴など幅広い革製品に使われています。

 

 

 

ステアハイド

 

生後2年以上が経った牡牛の皮を使ったモノがステアハイドと言います。

 

ただし、生後3~6カ月の間に去勢をしているので、希少が荒くなり争うことを未然に防ぐので、比較的革にキズが少ないのが特徴です。

 

ステアハイドは、丈夫で使い勝手が良く・比較的革にキズが少ないので、さまざまな革製品に使用され牛革の中でも最も流通量の多い革です。

 

 

 

牛革の種類と特徴を知っておくと、本革長財布を探す際にも幅広い選択肢が増えますよね。

 

 

例えば、ココマイスターのアルバートカーフ・マーシャルウォレットでは、外装にボックスカーフ(カーフレザー)を使い、カードや小銭入れの出し入れで負荷のかかる内装には、ミネルバボックス(カウハイド)が使われています。

ボックスカーフメンズ長財布


 

 

財布の綺麗な外見だけでなく、内装は長く使えるようにシッカリと計算された素材使いがされていることが分かりますよね。

 

このように牛革の種類と特徴を知っておくと、単なる財布選びにも幅が広がり、より納得のいく革財布を見つけられるようになると思います。

 

 

上質な牛革を使った日本製のおすすめ牛革財布

 

 

人気の本革長財布(メンズ)の使用感と本音レビュー

人気のメンズ革財布詳細レビュー  

形別・人気の長財布

人気の本革長財布(メンズ)人気の本革ラウンドファスナー長財布

 

予算別・上質メンズ長財布

3万円以内のメンズ長財布3万円以内の本革ラウンドファスナー長財布 4万円以内の本革メンズ長財布4万円以内の本革ラウンドファスナー長財布
ブライドルレザーとは?「長財布メンズセレクト」
ブライドルレザーの特徴や、またブライドルレザーを使った長財布のメリット・デメリットなどを解説します!ブライドルレザーの基本について知りたい方は、要チェックです!
マットーネレザーとは?「長財布メンズセレクト」
マットーネレザーの特徴や、またマットーネレザーを使った長財布のメリット・デメリットなどを解説します!マットーネレザーの基本について知りたい方は、要チェックです!