合皮とは(合成皮革)?合皮のメリット・デメリット

MENU

合皮とは(合成皮革)?合皮のメリット・デメリット

合皮とは(合成皮革)?合皮のメリット・デメリット

 

グッチ・プラダ・ヴィトンならモノグラムやダミエなど一般的に、ハイブランドと言われる高額な財布であっても使われていることが多い合皮。こちらのページでは、合皮(合成皮革)について解説します。

 

合皮を簡単に説明するなら、原油由来で作られた革に似せた作りモノです。 あくまでも私個人の感覚ですが、私は合皮を単なる布切れだと捉えています。

 

合皮の断面を簡単な図で表した下の画像をご覧になってもらうと、その理由が分かるかと思います。

 

合皮とは(合成皮革)?合皮のメリット・デメリット

 

合皮は、編織布や不織布の上にポリウレタンコーティングや塩ビでコーティングをした後、着色し革の型をプレスしてあるだけです。いわば単なる布切れです。

 

原油由来で作られた合皮は、どんなに使い込んでも色合いや風合いに深みを増す経年変化(エイジング)はしません。 合皮の場合は経年劣化です。 動物の皮を元に作られる、いわば天然由来の本革とは異なります。

 

 

合皮の特徴

 

原油由来で作られる合皮ですが、悪いことばかりではなく本革にはない特徴があります。

 

  • 本革に比べて生産コストが低い(合皮の価格が安価)
  • 表面に均一感がある
  • 手入れが不要
  • 耐水性がある(表面のみ)
  • 染色が簡単にできる

 

財布になった場合の利点としては、手入れが不要・耐水性があるので水染みの心配がないことですね。 本革は定期的な手入れが必要ですし、本革は水に弱いので防水スプレーをかける必要がありますからね。

 

 

合皮(合成皮革)とは?まとめ

 

合皮の構造や特徴について解説しましたが、当サイト管理人は合皮が好きではないので合皮を使った財布を一切紹介していません。苦笑

 

長く使うことで革に味わいを増す本革長財布を探している方は、間違っても合皮の財布を選らんでしまわないように注意してくださいね。

 

合皮(合成皮革)とは?については以上になります。

 

 

人気の本革長財布(メンズ)の使用感と本音レビュー

人気のメンズ革財布詳細レビュー  

形別・人気の長財布

人気の本革長財布(メンズ)人気の本革ラウンドファスナー長財布

 

予算別・上質メンズ長財布

3万円以内のメンズ長財布3万円以内の本革ラウンドファスナー長財布 4万円以内の本革メンズ長財布4万円以内の本革ラウンドファスナー長財布