革財布を購入したら、初めに防水スプレーをかけておくのがポイントです

MENU

革財布を購入したら防水スプレーをかけておくのがポイントです

新品の本革財布を綺麗なまま使い続ける為のポイント

 

本革財布を新しくして「良い財布を選んだっ これから長く大切に使うぞ」と思われている方も多いと思います。 長財布・二つ折り財布関係なく、本革財布を綺麗なまま長く使い続けたい方・本革の経年変化を味わい・楽しみながら使い続けたい方は、財布を新しくした際のポイントがあるので覚えておいてください。

 

 

新品の本革財布は水に弱い

 

財布に限らず、小銭入れや鞄・ブーツなど本革製品にとって水は大敵です。 突然の雨に打たれて本革財布が濡れてしまったり、コーヒーなどをこぼして財布に水染みを作ってしまったことがある方も多いと思います。

 

新品の状態のまま本革財布を使い続けている方がいますが、新品の本革財布は「防水対策がされていない状態」なので雨やコーヒーなどで濡れた場合、本革財布に水染みができやすいんです。

 

財布を長く大切に使い続けようと思っているのに、余計な水染みを作ってしまうのは嫌ですよね。

 

 

新品の本革財布には防水スプレーをかけるのがポイント

本革財布と防水スプレー

 

余計な水染みを作らないためのポイントは「新品の財布に防水スプレーをかけておく」ことです。 あまり知られていないので実際にやっている人は少ないですが、これだけで水染みを予防することができます。

 

防水対策をシッカリ行っておくことで、1年後・3年後の表情がかなり変わってきますよ。

 

 

購入したばかりのマット―ネ・ラージウォレットにも直ぐに防水スプレーをかけました。(革全体に防水スプレーをまんべんなくかけます。)

 

本革財布に防水スプレーをかけます

 

 

防水スプレーをかけた直後の革表面。

 

防水スプレーをかけた後の本革長財布

 

 

防水スプレーが乾いた後の革表面。

 

私の本革長財布もこれで防水対策がバッチリです

 

これで、予期せぬ水染みを防ぐことができます。私の新しい革財布も、これで防水対策バッチリです!

 

 

 

新品の状態で防水スプレーをかけた方が良い革とかけなくて良い革

 

新品の状態で防水スプレーをかけた方が良い革と、かけなくて良い革があるので注意が必要です。 当サイト(長財布セレクト)で紹介している本革財布の場合

 

新品の状態で防水スプレーをかけた方が良い革財布

 

・マット―ネシリーズ ・マルティーニシリーズ ・ボックスカーフシリーズ ・ナポレオンカーフシリーズ ・パティ―ナシリーズ

 

 

新品の状態で防水スプレーが必要ない革財布

 

・ブライドルレザーシリーズ ・コードバンシリーズ

 

 

革財布を綺麗に使い続けながら、経年変化(エイジング)を楽しみたい方は、財布を新しくしたら防水スプレーをかけた方が良いですね。1年後.3年後の表情が変わってくると思います。

 

 

革を長持ちさせる手入れアイテム

 

 

人気の本革長財布(メンズ)の使用感と本音レビュー

人気のメンズ革財布詳細レビュー  

形別・人気の長財布

人気の本革長財布(メンズ)人気の本革ラウンドファスナー長財布

 

予算別・上質メンズ長財布

3万円以内のメンズ長財布3万円以内の本革ラウンドファスナー長財布 4万円以内の本革メンズ長財布4万円以内の本革ラウンドファスナー長財布
革の手入れ方法
革財布の手入れ方法について実際の工程を画像付きで詳細に解説します!財布以外にも小銭入れや鞄など、本革を使った製品の基本的な手入れ方法なので応用もできますよ。
失敗しない!革の手入れクリーム(財布や小銭入れにも使える)
国内外さまざまなメーカーから本革の手入れアイテム(クリームや防水スプレー)が販売されていますが、中でも効果が高くコスパの高い最もおすすめの本革手入れアイテムを紹介します!
革財布の間違った手入れ方法
革財布を購入したら必要になる「本革の手入れ」ですが、間違った方法を行うと、革に余計なダメージを与えることになり寿命を縮めてしまう事にもなるので、間違った手入れ方法を行っていないか?この機会にチェックしてみて下さい!
マットーネレザーを使った財布の手入れ方法