マットーネレザーの手入れ方法

MENU

マットーネレザーの手入れ方法と注意点

知らないと損をする?マットーネレザーの手入れ方法と注意点

 

ココマイスターの中でも人気のマットーネレザーを使った革財布シリーズ。 私自身マットーネレザーを使った、マットーネラージウォレットを使っていますが、今回はマットーネレザー(マットーネラージウォレットを使って)の手入れ方法と初めの注意点を解説していきます!

 

 

 

手入れをする前にマットーネレザーを使った財布の注意点

マットーネラージウォレットと防水スプレー

 

マットーネレザーを使った財布を購入したら、まず初めに防水スプレーをかけることを勧めます。

 

革財布を購入したら防水スプレーをかけておくのがポイントでも解説していますが、本革にとって水分は大敵で、雨や珈琲などで財布が濡れると水シミが出来やすいんです。

 

マットーネレザーを使った財布も例外ではありません。財布を綺麗なまま長く大切に使い続けたいと思っているのに、財布に余計な水染みを作って汚したくないですよね。

 

余計な水染みを作らない為に、マットーネレザーを使った財布を購入したら、まず初めに防水スプレーをかけて防水対策をシッカリとしておくと財布を綺麗なまま長く使い続けることができますね。

 

 

本革クリームを使ったマットーネレザーの手入れはしなくて良い?

 

 

マットーネレザーを使った財布の場合、本革クリームを使った手入れは4カ月以上経ってから行うので充分だと思います。

 

私自身マットーネ・ラージウォレットを購入してから、本革クリームを使った手入れは5カ月以上経ってから行いました。(購入直後に防水スプレーはかけましたが)

 

と言うのも、マットーネレザーはオイルをタップリと含ませてあるので、本革クリームを使った手入れは頻繁に行う必要がないんです。普段の手入れが簡単なのもマットーネレザーを使った財布の魅力ですからね。

 

普段の手入れとしては、乾いた柔らかい布で乾拭きをして革表面の汚れを落とし、2週間?1ヶ月に1度防水スプレーをかけてあげれば充分です。

 

革表面が乾いてきたかも?と感じたら、本革クリームを使った手入れをしてあげて下さい。

 

 

 

マットーネレザーを使った財布の手入れ方法

 

普段の手入れが簡単なマットーネレザーを使った財布ですが、ここからは私物のマットーネ・ラージウォレットを使って、マットーネレザーの手入れ方法を解説していきます。

 

マットーネレザーの手入れ方法は、本革の手入れ方法の記事で解説している方法と基本的に同じ流れです。

 

 

マットーネレザーの詳しい手入れ方法

 

  • 革の表面を乾拭きして大まかな汚れを落とす
  • 革の表面にブラシをかけてチリやホコリを落す
  • 本革専用のクリームを使って栄養補給+保湿
  • ブラシをかけて余分なクリームを落す
  • 仕上げに防水スプレーをかける

 

革の表面を乾拭きして大まかな汚れを落とす

マットーネレザーの表面を乾拭き

 

革財布の表面についた大まかな汚れを乾拭きで落とします。

 

乾拭きに使うのは、綿製など柔らかい生地のモノであれば何でも良いです。(着なくなった綿TシャツでもOK)

 

 

革の表面にブラシをかけてチリやホコリを落す

マットーネレザーの表面にブラシをかける

 

ブラシをかけてチリやホコリを落します。 ラウンドファスナー長財布の場合は、ファスナー部分もブラシかけを。二つ折り財布の場合は、内側にもブラシかけをしておきましょう。

 

 

本革専用のクリームを使って栄養補給+保湿

 

まず、乾いた布に小さいビー玉くらいの量を取ります。

 

本革専用クリームを乾いた布に取る

 

 

取ったクリームを馴染ませて

 

取ったクリームを馴染ませる

 

 

円を描くようにして、本革にクリームを馴染ませていきます。

 

円を描くようにして本革専用クリームを馴染ませる

 

本革クリームを馴染ませたら、革の奥深くまで浸透させる為に5分ほどおきます。

 

 

私の使っている本革クリームはCollonil(コロニル)のモノですが、マットーネレザーとの相性が良いのでマットーネレザーを使った財布を手入れする場合に、コロニルの本革クリームおすすめです。

 

マットーネレザーとの相性がいい本革専用クリーム

 

 

 

ブラシをかけて余分なクリームを落す

再びブラシをかけて余分なクリームを落します

 

本革専用クリームを使った後に、再びブラシをかけることによって付け過ぎてしまった余分なクリームや縫い目に付いたクリームを落します。

 

 

仕上げの防水スプレー

 

革の表面にホコリやゴミが付いてないか確認した後に、防水スプレーをかけていきます。

 

画像では財布を置いていますが、財布を持って20~30cmほど放して防水スプレーをかけます。

 

マットーネレザーに防水スプレーをかける

 

 

コロニルの防水スプレーは効果が高いだけでなく大容量なので、革全体にまんべんなく防水スプレーをかけます。

 

防水スプレーをかけた後のマットーネレザー

 

 

1度防水スプレーをかけたら自然乾燥させて、もう一度防水スプレーをかけます。本革にとって水分は大敵なので、防水スプレーを2度かけることによって、防水効果をシッカリと定着させます。

 

防水スプレーは2度かけましょう

 

2度目にかけた防水スプレーが乾いたら、マットーネレザーの手入れは完了です。

 

 

 

マットーネレザーの手入れ方法と注意点・まとめ

 

マットーネレザーの手入れ方法と注意点については以上になります。

 

本革専用クリームを使った手入れは頻繁に行う必要はありませんが、水シミを作らずに財布を綺麗なまま使い続けたい場合は、新品の状態でマットーネレザーに防水スプレーをかけておくことを勧めます。他では中々話されていませんが、財布を綺麗なまま使い続ける為のポイントです。

 

 

革を長持ちさせる手入れアイテム

 

 

人気の本革長財布(メンズ)の使用感と本音レビュー

人気のメンズ革財布詳細レビュー  

形別・人気の長財布

人気の本革長財布(メンズ)人気の本革ラウンドファスナー長財布

 

予算別・上質メンズ長財布

3万円以内のメンズ長財布3万円以内の本革ラウンドファスナー長財布 4万円以内の本革メンズ長財布4万円以内の本革ラウンドファスナー長財布
革の手入れ方法
革財布の手入れ方法について実際の工程を画像付きで詳細に解説します!財布以外にも小銭入れや鞄など、本革を使った製品の基本的な手入れ方法なので応用もできますよ。
失敗しない!革の手入れクリーム(財布や小銭入れにも使える)
国内外さまざまなメーカーから本革の手入れアイテム(クリームや防水スプレー)が販売されていますが、中でも効果が高くコスパの高い最もおすすめの本革手入れアイテムを紹介します!
革財布を購入したら、初めに防水スプレーをかけておくのがポイントです
革財布を購入したら「綺麗なまま長く使い続ける」ために、長財布・二つ折り財布関係なく初めに防水スプレーをかけておくのがポイントです!
革財布の間違った手入れ方法
革財布を購入したら必要になる「本革の手入れ」ですが、間違った方法を行うと、革に余計なダメージを与えることになり寿命を縮めてしまう事にもなるので、間違った手入れ方法を行っていないか?この機会にチェックしてみて下さい!