経年変化(エイジング)とは?革の基礎知識

MENU

経年変化(エイジング)とは?革の基礎知識

経年変化(エイジング)とは?革の基礎知識

 

上質な本革を使った長財布の醍醐味である経年変化(エイジング) こちらのページでは、経年変化(エイジング)について解説します!

 

経年変化(エイジング)とは、使い込むにつれて色合い・風合いに深みを増していき、世界に一つ持ち主だけのだけの表情に変化していくことを経年変化と言います。

 

使い込むほどに革に味わいを増す本革長財布を探している方が多いと思いますが、使い込むほどに革に味わいを増す変化が経年変化です。

 

 

経年変化(エイジング)とは?革の基礎知識

 

上質な本革を使った長財布なら、使っている間に画像のような経年変化をしていきます。

 

 

 

経年変化をしない革・しにくい革

 

経年変化とは「使い込むにつれて、色合い・風合いに深みを増していくこと」とお話ししましたが、経年変化しない革もあります。 特に、使い込むにつれて革に味わいを増す本革長財布を探している方は注意が必要ですね。

 

経年変化しない革とは

  • 合皮を使った財布
  • クロム鞣し・コンビ鞣し
  • 顔料仕上げの革財布

 

合皮は、原油由来で作られた「革に似せた作りモノ」なので経年変化しないのは当然ですね。

 

本革であっても経年変化しにくい革が、・クロム鞣し ・コンビ鞣し ・顔料仕上げによって作られた革です。

 

鞣し(なめし)とは、皮から革に加工する方法のことを言います。 クロム鞣し・コンビ鞣しについては、鞣し(なめし)とは?こちらの記事をご覧になって下さい。

 

ほとんどの革製品には、・ブラック ・ブラウン ・ブランデーなどの色付けがされていますが、革に色を付ける方法にも種類があり、大きく分けて染料仕上げと顔料仕上げに分類することができます。 染料仕上げと顔料仕上げの違いとは?

 

合皮 ・クロム鞣し ・コンビ鞣し ・顔料仕上げの革は、下の画像のような味わい深い経年変化を起こしにくいんですよね。

 

経年変化(エイジング)とは?革の基礎知識

 

使い込むほどに革に味わいを増す本革長財布を探している方は、どんな革が使われていて・どんな工法によって作られた革なのか?を確認するようにした方が良いですね。

 

当サイトで紹介している本革長財布は、使い込むほどに色合い・風合いに深みを増す経年変化を楽しむことができる逸品のみをピックアップして紹介しています。

 

使い込むほどに革に味わいを増す本革長財布を探している方は参考にしてみて下さい。

 

 

革の経年変化(エイジング)とは?革の基礎知識は以上になります。

 

 

 

 

人気の本革長財布(メンズ)の使用感と本音レビュー

人気のメンズ革財布詳細レビュー  

形別・人気の長財布

人気の本革長財布(メンズ)人気の本革ラウンドファスナー長財布

 

予算別・上質メンズ長財布

3万円以内のメンズ長財布3万円以内の本革ラウンドファスナー長財布 4万円以内の本革メンズ長財布4万円以内の本革ラウンドファスナー長財布
革と皮の違いとは?
革と皮は、日本語で同じ「かわ」と読みますが、革製品になると全く違う意味を持ちます。こちらのページでは、革と皮の違いについて解説していきます!
鞣し(なめし)とは?革に関する基礎知識
上質な本革財布を探していると、革を「鞣す(なめす)」という言葉を聞きますよね。鞣すとは「皮から革」に加工する方法を言います。こちらのページでは、鞣しについて解説していきます。
タンナー(Tanner)とは?革に関する基礎知識
上質な革を使った財布を探している方は、タンナーについて知っておいた方が良いと思います。 こちらのページでは、革の品質を大きく左右するタンナーについて解説していきます。
染料仕上げ・顔料仕上げの違い
使い込むほどに革に味わいを増す長財布を探している方は、染料仕上げによって作られた革財布を選ぶと後悔や失敗のない逸品を選ぶことができますよ。
本革とは?革に関する基礎知識
本革と聞いて「牛革」とイメージされる方が多いですが、半分正解で半分間違いでもあります。 こちらのページでは、意外と知らない人が多い本革の定義についてお話ししていきます。
財布に使われている革の種類とおすすめの革財布