革と皮の違いとは?

MENU

革と皮の違いとは?革に関する基礎知識「長財布メンズセレクト」

革と皮の違いとは?

 

革と皮は、日本語で同じ「カワ」と読みますが、これが革製品になると全くべつのモノになります。このページでは革に関する基礎知識として「革と皮」の違いについてお話ししていきます。

 

 

 

・皮

 

皮は、動物の皮膚を剥いだ状態のままで、加工を何も施していないモノが「皮」になります。 鶏皮をイメージされると分かると思いますが、生の状態のまま放置したら、皮が硬くなり腐敗していきます。

 

仮に、皮のまま財布につかっていたら「相当気持ち悪い」ですよね。 かなりマニアックな人でないと「皮財布」なんて持ちたくないと思うはずです。

 

 

・革

 

皮の状態から皮膚の毛を除去し、皮が固くなったり腐敗するのを防ぎ、柔らかくしたり美しい表情を加える加工を施したモノが革になります。

 

・革財布 ・革鞄 ・ブーツなど、普段目にしている革製品に使われているのは「革」です。

 

 

 

革と皮の違いとは?まとめ

 

皮財布を探している方(いないと思いますが)には申し訳ないですが、当サイトでおすすめしている本革長財布は、すべて「革」を使った革財布になります。

 

間違っても皮財布を紹介していないので、上質な革財布を探している方は、当サイトで紹介している本革長財布を参考にしてみて下さい。

 

ちなみに、「皮」の状態から「革」に加工する方法が、鞣しと言われる加工です。

 

 

 

 

人気の本革長財布(メンズ)の使用感と本音レビュー

人気のメンズ革財布詳細レビュー  

形別・人気の長財布

人気の本革長財布(メンズ)人気の本革ラウンドファスナー長財布

 

予算別・上質メンズ長財布

3万円以内のメンズ長財布3万円以内の本革ラウンドファスナー長財布 4万円以内の本革メンズ長財布4万円以内の本革ラウンドファスナー長財布
鞣し(なめし)とは?革に関する基礎知識
上質な本革財布を探していると、革を「鞣す(なめす)」という言葉を聞きますよね。鞣すとは「皮から革」に加工する方法を言います。こちらのページでは、鞣しについて解説していきます。
タンナー(Tanner)とは?革に関する基礎知識
上質な革を使った財布を探している方は、タンナーについて知っておいた方が良いと思います。 こちらのページでは、革の品質を大きく左右するタンナーについて解説していきます。
染料仕上げ・顔料仕上げの違い
使い込むほどに革に味わいを増す長財布を探している方は、染料仕上げによって作られた革財布を選ぶと後悔や失敗のない逸品を選ぶことができますよ。
経年変化(エイジング)とは?革の基礎知識
上質な本革を使った長財布の醍醐味である経年変化(エイジング) こちらのページでは、本革の醍醐味である経年変化について解説します!
本革とは?革に関する基礎知識
本革と聞いて「牛革」とイメージされる方が多いですが、半分正解で半分間違いでもあります。 こちらのページでは、意外と知らない人が多い本革の定義についてお話ししていきます。
財布に使われている革の種類とおすすめの革財布