財布に使われている革の種類とおすすめの革財布

MENU

財布に使われている革の種類とおすすめの革財布

 

財布に使われる革の種類は・牛革 馬革・ ・豚革 ・ワニ革 ・ヘビ革など数多くあります。 今上げた革にもそれぞれ特徴があり、柔らかい・硬い(丈夫) 高級・安価など、革の種類によって特徴も異なります。

 

こちらのページでは、財布に使われている革の種類と特徴について解説していきます。

 

 

革財布に最も使われている牛革

財布に使われている革の種類で最も多い牛革

 

財布に使われている革の種類として、中でも最も多く使われているのが牛革です。(財布に限らず、鞄や名刺入れ・ブーツなど革製品に、牛革が最も多く使われています。)

 

ただ、一言で牛革といっても、年齢や性別によって牛革も種類分けすることができます。カーフレザーやカウハイドなど聞いたことがありませんか?これ全てが牛革なんです。

 

例えば、先ほど出たカーフレザーは、生後半年以内の仔牛の皮を使用しています。 特徴としては、柔らかく滑らかな手触りがあり、革にキズが少ないため希少価値が高く高値で取引きされます。 皮革の中でも、最高級クラスと言っても良いかもしれません。

 

 

カウハイドの場合は、出産経験のある牝牛の皮を使用しています。 特徴としては、肉厚で丈夫な革質なので財布から鞄までさまざまなレザーアイテムに使われています。

 

このように、単に牛革と言っても種類も特徴も異なるんです。 牛革の種類と特徴に関しては、詳しく解説した記事をご覧下さい。革製品に最も使われている牛革の種類と特徴について

 

 

 

革の王様に例えられるコードバン(馬革)

革の中でも最高級レザーのコードバン

 

馬革の産出量が年々減っているので、馬革(ホースレザー)を使ったレザーアイテムは高価なモノが多いです。中でも、馬革を使ったレザージャケット・レザージャージは高級ですよね。

 

そんな高価な馬革の中でも、更に希少価値が高く高級レザーとされているのがコードバン。コードバンは、馬のお尻の位置からごく僅かしか採れない革で、牛革よりも高値で取引されています。

 

コードバンの特徴は、丈夫で耐久性があり、何と言っても艶やかで美麗な光沢を放つ点にあります。高級紳士アイテムとして、財布や名刺入れ・小銭入れなどに使われています。

 

コードバンを使った財布は、普段スーツを着てお仕事をされているビジネスマンの方におすすめです。

 

 

財布に使われている革の種類とおすすめの革財布

 

 

 

 

財布に使われている革の種類とおすすめの革財布まとめ

 

財布に最も使われている牛革の種類がとにかく豊富にあるので、財布に使われている革の種類から選びたい場合は、一度牛革の種類をご覧になってみて下さい。きっとイメージしている財布とピッタリくる逸品を見つけることができると思います。

 

革製品に最も使われている牛革の種類と特徴について

 

 

人気の本革長財布(メンズ)の使用感と本音レビュー

人気のメンズ革財布詳細レビュー  

形別・人気の長財布

人気の本革長財布(メンズ)人気の本革ラウンドファスナー長財布

 

予算別・上質メンズ長財布

3万円以内のメンズ長財布3万円以内の本革ラウンドファスナー長財布 4万円以内の本革メンズ長財布4万円以内の本革ラウンドファスナー長財布
革と皮の違いとは?
革と皮は、日本語で同じ「かわ」と読みますが、革製品になると全く違う意味を持ちます。こちらのページでは、革と皮の違いについて解説していきます!
鞣し(なめし)とは?革に関する基礎知識
上質な本革財布を探していると、革を「鞣す(なめす)」という言葉を聞きますよね。鞣すとは「皮から革」に加工する方法を言います。こちらのページでは、鞣しについて解説していきます。
タンナー(Tanner)とは?革に関する基礎知識
上質な革を使った財布を探している方は、タンナーについて知っておいた方が良いと思います。 こちらのページでは、革の品質を大きく左右するタンナーについて解説していきます。
染料仕上げ・顔料仕上げの違い
使い込むほどに革に味わいを増す長財布を探している方は、染料仕上げによって作られた革財布を選ぶと後悔や失敗のない逸品を選ぶことができますよ。
経年変化(エイジング)とは?革の基礎知識
上質な本革を使った長財布の醍醐味である経年変化(エイジング) こちらのページでは、本革の醍醐味である経年変化について解説します!
本革とは?革に関する基礎知識
本革と聞いて「牛革」とイメージされる方が多いですが、半分正解で半分間違いでもあります。 こちらのページでは、意外と知らない人が多い本革の定義についてお話ししていきます。