絶対やってはいけない!革財布についた傷の手入れNG方法

MENU

絶対やってはいけない!本革財布についた傷の手入れNG方法

本革財布についた傷に絶対にやってはいけないことを解説します!

 

大切に扱っている本革財布ほど、傷がついてしまった時はショックで「この傷を何とかして消したい」と焦ってしまうと思います。

 

ですが焦るあまり間違った手入れをすると、傷が消えないどころか本革に余計なダメージを与えかねません。

 

 

やってはいけない本革財布の傷の手入れ

 

靴専用のクリームを使う

 

革靴専用クリームの場合、革に光沢を与える成分が入っています。 財布の傷を消そうと使っても、余計な光沢や艶が出てしまい、傷ではなくシミが出来る可能性があるので、靴専用クリームの使用はやめましょう。

 

 

ハンドクリームを使う

 

人の肌の為に作られたハンドクリームを本革に使うと、傷を目立たなくさせる以前に、シミが出来る原因になり表面がベタつき汚れやすくなります。 人の肌に使えるからといって、本革にハンドクリームを使うのはやめましょう。

 

 

オリーブオイルや植物油

 

オリーブオイルや植物油は革に染み込むだけで、「革に栄養を与える」本革専用クリームとは全く異なります。 余計な油シミや劣化を早めるオリーブオイルや植物油の使用は、絶対にやめましょう。

 

 

 

本革財布に傷が付いた際にやってはいけないこと・まとめ

 

大切に扱っている本革財布ほど傷がついた時はショックですが、焦って間違った手入れをして本革に余計なダメージを与えないようにしましょう。

 

本革財布の傷・補修編でも解説してますが、本革財布の場合ある程度の傷なら何も使わなくても指で慣らすことで目立たなくさせることができます。

 

人気の本革長財布(メンズ)の使用感と本音レビュー

人気のメンズ革財布詳細レビュー  

形別・人気の長財布

人気の本革長財布(メンズ)人気の本革ラウンドファスナー長財布

 

予算別・上質メンズ長財布

3万円以内のメンズ長財布3万円以内の本革ラウンドファスナー長財布 4万円以内の本革メンズ長財布4万円以内の本革ラウンドファスナー長財布