革財布が水や珈琲で濡れた時の対処方法

MENU

革財布が水や珈琲で濡れた時の対処方法「長財布メンズセレクト」

本革財布が水や珈琲で濡れた時の対処方法を解説します

 

革財布にとって水は大敵です。ですが、どんなに大切に扱っていても、雨に濡れてしまったり・水や珈琲などをこぼして革財布を濡らしてしまうことだってありますよね。

 

水に濡れたまま放置すると、水シミを作ってしまう原因になりますが、本革が濡れてしまっても正しい対処方法を行うことで、水シミを防ぐことができます。

 

 

 

革財布が濡れた時の対処方法

 

革財布に水分がついてしまった時は、乾いたタオルなどを使って水滴を拭き取ります。

 

こすってしまうと水滴が付着した部分以外にも、水分が広がってしまうので濡れてしまった部分だけを抑えるようにして拭き取るようにします。

 

ふき取った後は風通しのいい場所で、必ず陰干しで自然乾燥するようにします。 普段の手入れや防水対策がしてあれば、水滴がシミになることはほぼありません。

 

 

※ 革財布が濡れた時は、間違った方法は絶対に行わないようにして下さい。本革財布に水や珈琲で濡れた際にやってはいけないNG行動

 

革の乾燥が進み、シミを防ぐどころか劣化を早める原因になります。

 

 

 

革財布に水染みを作らないために

 

突然雨が降ってきて財布が濡れてしまったり、自分は気をつけていても水や珈琲をこぼされて財布が濡れてしまうことも充分考えられます。

 

財布が濡れてしまった後に「あの時手入れをしておけば・・・」と後悔する方が多いからこそ、もしもの時の為に日頃から対策をしておいた方が良いですね。

 

 

普段の手入れ(特に防水スプレー)をしておく

 

本革財布(小銭入れや名刺入れも含め)の手入れをしておくことで、革の乾燥を防ぎ撥水効果が期待出来るので、革の内部まで水が浸透するのを防ぐことが出来ます。

 

防水スプレーを併用することで、更なる防水効果が期待できます。特に雨の多い季節は、1ヶ月に1度防水スプレーをかけて防水対策をシッカリしておくのがポイントです。

 

 

 

ポケットではなく鞄の中に財布を入れる

 

鞄を持たない男性が多いので、財布をポケットに入れて持ち歩く方が多いですが、ポケットの中は意外と湿気が溜まりやすい部分です。

 

立ったり座ったりを繰り返し、頻繁に出し入れを繰り返すと、財布に余計なダメージを与える事にもなります。

 

鞄の中なら突然雨が降ってきても、財布が濡れる心配がなく、また綺麗な状態を保ったまま財布を使い続ける事が出来ますね。

 

 

 

 

革財布が水や珈琲で濡れた時の対処方法まとめ

 

本革財布が濡れた時の対処方法について解説してきましたが、財布が濡れても水シミが出来にくい状態(防水対策)にしておくのが理想的です。

 

もしも、財布が水や珈琲で濡れてしまっても、早く乾かそうと焦ってドライヤーを使ったり天日干しは絶対にやめましょう。

 

革の乾燥が進み、シワやヒビ割れの原因になり革の劣化が早くなります。 焦らずに、今回解説した対処方法を行ってみて下さい。

 

本革財布が水や珈琲で濡れた時の対処方法は以上になります!お疲れさまでした!

 

革を長持ちさせる手入れアイテム

 

 

 

人気の本革長財布(メンズ)の使用感と本音レビュー

人気のメンズ革財布詳細レビュー  

形別・人気の長財布

人気の本革長財布(メンズ)人気の本革ラウンドファスナー長財布

 

予算別・上質メンズ長財布

3万円以内のメンズ長財布3万円以内の本革ラウンドファスナー長財布 4万円以内の本革メンズ長財布4万円以内の本革ラウンドファスナー長財布