梅雨も含めて雨の多い季節は、本革の水シミに要注意

MENU

梅雨も含めて雨の多い季節は、本革の水シミに要注意

梅雨も含めて雨の多い季節は、本革の水シミに要注意

 

梅雨も含めて雨の多い季節は「本革財布に水シミを作る」方が増える時期でもあります。 特に、男性の場合鞄を持たずに、財布をポケットの中に入れて持ち歩いている方が多いですが、そんな方は要注意です。

 

雨に濡れたら、財布に水シミができる可能性が高いです。

 

また、新品の状態から財布に防水スプレーすら掛けずに、長い間使い続けている方も水シミが出来やすい状態かもしれないので注意が必要ですね。

 

 

 

梅雨も含めて雨の多い季節だからこそ

 

突然の雨に濡れて、本革財布(小銭入れや名刺入れも含めて)に水シミが出来ないように対策を施しておくと、後で後悔せずにすみますね。

 

防水対策と言っても行うことは非常に簡単です。

 

  • 本革の手入れを行う
  • 防水スプレーをかけておく

 

たったこの2つを行っておくだけで、大切な本革財布に余計な水シミが出来にくくなります。

 

※ 本革が濡れた時の対処方法も覚えておくと尚良いですね。
本革財布が水や珈琲で濡れた時の対処方法

 

 

本革の手入れ方法や間違いない手入れアイテム、本革が濡れてしまった時の対処方法に関しては、既に解説した記事があるのでご覧になってみて下さい。

 

本革財布の手入れ方法とアイテム
本革が濡れてしまった時の対処方法

 

 

雨の多い季節だからこそ本革の防水対策をして、余計な水シミを作らないようにしておくのがポイントであり、後で後悔しない秘訣です。

 

人気の本革長財布(メンズ)の使用感と本音レビュー

人気のメンズ革財布詳細レビュー  

形別・人気の長財布

人気の本革長財布(メンズ)人気の本革ラウンドファスナー長財布

 

予算別・上質メンズ長財布

3万円以内のメンズ長財布3万円以内の本革ラウンドファスナー長財布 4万円以内の本革メンズ長財布4万円以内の本革ラウンドファスナー長財布